Kusakari Yoshiko Official Web site

ブログ

2017.12.2212月議会の質疑で本市が全国類似団体と比較して民生費・衛生費が高いのはなぜか?とふれた。そんな中この記事を拝見した。少子高齢・人口減少時代に求められる医療・介護の本当の姿とは。〜夕張市民に学ぶこと〜訪問診療患者数(在宅医療)は総合病院があった時は0人だったが、24年時点では120人になり、市内特養看取り率は100%高齢者一人当たりの診療費は減少した。医療が崩壊したにもかかわらず。「自分の希望に沿った過不足のない医療」「胃ろう、気管切開、人工呼吸器が医療崩壊以降、全て0件」「過不足のない医療を考える患者が増えれば、高齢化率は上がっても、救急車は減り、医療費も減る。」「夕張市の医療崩壊は、医療崩壊ではなく、医療の再構築になった。」「訪問看護師を在宅医療の要に、在宅医、訪問介護、歯科医など様々な職種が在宅生活を支える医療・介護体制を作り上げた。」病院がなくても、医療・介護体制があれば、高齢者がお金をかけずに数字には表せない生き生きとした笑顔で生活できるようになった。これは夕張市だけでなく、誰にでも当てはまる過不足のない医療なのではないか。 「在宅医療・介護体制の構築を!」在宅生活への希望を口にする入院中の父親の言葉から、私もそう考える。

by Instagram
2017.12.2212月議会の質疑で本市が全国類似団体と比較して民生費・衛生費が高いのはなぜか?とふれた。そんな中この記事を拝見した。少子高齢・人口減少時代に求められる医療・介護の本当の姿とは。〜夕張市民に学ぶこと〜訪問診療患者数(在宅医療)は総合病院があった時は0人だったが、24年時点では120人になり、市内特養看取り率は100%高齢者一人当たりの診療費は減少した。医療が崩壊したにもかかわらず。「自分の希望に沿った過不足のない医療」「胃ろう、気管切開、人工呼吸器が医療崩壊以降、全て0件」「過不足のない医療を考える患者が増えれば、高齢化率は上がっても、救急車は減り、医療費も減る。」「夕張市の医療崩壊は、医療崩壊ではなく、医療の再構築になった。」「訪問看護師を在宅医療の要に、在宅医、訪問介護、歯科医など様々な職種が在宅生活を支える医療・介護体制を作り上げた。」病院がなくても、医療・介護体制があれば、高齢者がお金をかけずに数字には表せない生き生きとした笑顔で生活できるようになった。これは夕張市だけでなく、誰にでも当てはまる過不足のない医療なのではないか。 「在宅医療・介護体制の構築を!」在宅生活への希望を口にする入院中の父親の言葉から、私もそう考える。

お問い合わせ先

〒595-0061大阪府泉大津市春日町10番3号
TEL/FAX:0725-22-1522
ページ上部へ戻る